還付金詐欺被害防止のYoutubeショート動画を出してみました
見出し画像

還付金詐欺被害防止のYoutubeショート動画を出してみました

どうも!昨晩タマネギ5個の千切りに挑んだ左手が、タマネギ臭に侵食されている広報担当小出です!鬼の手ばりに近寄りづらいです。

そんな意味わからないあいさつの後に超真面目な話していいでしょうか?

ご存知ですか?消費生活相談窓口

小出は広報担当でもあり、消費者行政担当でもあります。

聞き慣れない「消費者行政」を少し紹介させてください。

消費者行政とは、消費者の利益を保護するための行政. 消費者保護行政,消費者政策ともいう。自治体には住民が相談できる「消費生活センター」「消費生活相談窓口」などが設置されている。

う〜ん。難しいです。馴染みがあるのは「オレオレ詐欺」とかでしょうか。


「それって警察の仕事じゃないの?」


もちろん詐欺が発覚して被害が出たりした場合は警察へ被害届などを提出します。

消費生活相談窓口では、「突然自宅に営業が来て、買いたくなかったが押しに負けて契約してしまった」「工事などで契約にない追加料金を次々と支払わされた」という相談に対して、

消費者の強い味方「クーリング・オフ制度」を紹介して、契約の解除に向けた手続きを進めたりします。

※もちろん訪問販売全てが悪いわけではありません。


還付金詐欺が流行!気をつけろ!

「自分は引っかからないよ」と思いがちですが、最近は手口も巧妙になっています。

「市役所です」「○○銀行です」

「保険料の還付金があります。今日中に手続きが必要です」

「コロナのため、窓口ではなくATMで操作ができます」

自治体や銀行を名乗って、ATMへ誘導し、操作に不慣れな人からお金の送金をさせようとするんです。

実際に東温市役所でも、国民健康保険の担当部署に「○○課から還付金の連絡が来たんですけど・・」という問い合わせがありました。

お問い合わせいただいていれば、市役所がATMへ誘導して操作を依頼することはありませんとお伝えして未然防止ができるんですが。。

また、お問い合わせいただくのはご高齢の方だけではなく、あまり市役所へ連絡することのないような若い方からのお問い合わせもあるんです。

盲点ですね。
市役所にあまり行かないような方は「市役所がATMへ誘導するはずない」とは思わないかもしれません。
誘導することは絶対にありません。

YouTubeショート動画をUP

ということで、意外と若い皆さんも還付金詐欺の被害にお会いしそうなので、Youtubeに啓発のショート動画を流してみました!20秒くらいの短い動画です。

消費生活相談員の武田さんに登場してもらって、20分くらいでスマホで撮影した動画。これが3日で850回を超えた再生数に!東温市のチャンネルとしては結構いいスピードです!

Youtubeショートはこれから熱いコンテンツになりそうですね!

皆さんリンクのYoutubeショート動画をご覧いただいて、還付金詐欺には充分お気をつけください!
ではまた!

この記事が参加している募集

私の仕事

お礼にミドリな写真をどうぞ!
愛媛県東温市の公式noteです。広報担当2人が執筆しています。