丸さえ描けば、全力で遊べることを学んだ話
見出し画像

丸さえ描けば、全力で遊べることを学んだ話

こんばんは、広報担当ひかるです。

今日は、よしいのこども館で「ペンキ塗り&らくがき大会」があったのでレポートします!

駐車場の車止めのペンキ塗り

画像1

よしいのこども館の駐車場では、事故が起きることがあったそう。車止めに色を塗ったことで、事故が起こることがなくなったそうです。
しかし、3年前に塗ったペンキは少しずつ剥がれ落ちてしまっています。
そこで、この日はペンキ塗りを行います。

画像2

画像3

画像4

ペンキぬり楽しい!」「ここは車がよく止まるところだからペンキが剥がれやすいよ」とおしゃべりしながら、綺麗に塗っていました!

画像9

手が汚れたのは頑張った証拠だね!

画像5

仕上げはTEAMよしいのの子どもたちがやってくれました!さすが!

駐車場でらくがき大会

今日は駐車場に自由に絵を描いていいよ〜!」とスタッフの声が聞こえると子どもたちはニッコリ。ペンキ塗りをした後なので、駐車されている車はありません。

普段絵を描くとなると、大きくても画用紙くらいの大きさです。でもこの日のキャンバスはこども館の駐車場。無限に描けちゃいます。

画像6

初めは遠慮して小さく絵を描いていた子どもたち。だけど描いてるうちに楽しくなってどんどん大きくなっていきます。

画像7

ある子どもはをとにかくたくさん描いていきます。

画像8


気付けば、「ケンケンパ」のゲームになっていました!

画像10

ある子は大きい丸に線一本。これ何か分かりますか?

画像12

正解は、ここで相撲をとって遊んでいました。丸の可能性は無限大なんですね。丸描いて遊ぶ子どもたちの発想にも感心しました。
チョークで落書きしているので、雨が降ると無くなっちゃうのもエモいです。

画像12

長い時間遊んでいたので、終了の時間になると子どもたちが「まだ遊ぶ!」とグズることなくみんな笑顔で帰っていったのも印象的でした。

スタッフの方も「普段体験できないことがここでできてよかった。子ども同士が遊べていたのでいい刺激になったと思う」と話していました。

画像13

幼稚園・保育所や学校で体験できないことがこども館でできるのはいいですよね。

こども館の魅了的なイベントはこちらから見れます。

それでは、また!


お礼にコスモス写真をどうぞ!
愛媛県東温市の公式noteです。広報担当2人が執筆しています。