見出し画像

歩く給食センター?栄養教諭が畑に行って取材するワケ

東温市公式note | 愛媛県

どうも!好きな献立は「唐揚げ系」のやつ、広報担当小出です。

1月号で特集した「学校給食3.0」。3.0には「学校給食もアップデート、アップグレードされてるんですね〜」ってイメージを込めています。

12201540 広報とうおん2022年1月号3

楽しそうに食べる1年生の女の子が目を引くページ。学校では「黙食」が指導されているので、撮影時だけ笑ってもらいました。


歩く栄養教諭

給食センターのイメージってどんなでしょうか?給食作ってるってだけですよね?私もそうでした。

しかし、、

画像2

サムネでネタバレしていますが、


めっちゃ畑のど真ん中にいます。


今日は畑でニンニクやケールを育てている事業所さんの取材。


・・。


取材・・??


実は東温市の栄養教諭さんは、「食べている食材が、誰が、どこで、どんな気持ちで育てているかを伝えたい!」

って気持ちで、生産者さんに取材を行っているんです。

すごい努力。


画像3


現場の写真を撮影して、「給食だより」としてまとめて毎月1回、献立と一緒に児童に配布しています。


画像4


例えばニンニクってカットされたものしか知らないから、どんな風に育っているかは知らないかも。実は土の中で育っているんですね。りんごみたいに気になっていると思っていた方も一定数いるかも。


画像5


生産者さんの話を聞いて、記事に起こす栄養教諭の先生。


この取り組みに込められた気持ちを聞いてみました。


栄養教諭)農業の大変さは実際に現場に行かないとわからない。
どんな作業が必要で、どんな気持ちでやっているか、その愛情も一緒に届けることで地域に愛着を持ってもらいたい。


この給食を食べる東温市の子どもたちは、元気に育つだろうな〜となぜか私が嬉しくなりました!ではまた!


ケールまるかじりでも甘いのスギョイ・・!

この記事が参加している募集

この街がすき

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!