「人権の花」運動in拝志小学校
見出し画像

「人権の花」運動in拝志小学校

こんばんは、広報担当ひかるです。

先日、拝志小学校で「人権の花」運動が開催されました!

「人権の花」運動って何?

拝志小学校全校生徒

人との関わり合いの中で協力し、支え合う気持ちを育ててもらおうと、市人権擁護委員から児童のみなさんに人権の花が手渡されます。今年度は拝志小学校に人権の花が贈呈されました。子どもたちが育てた花の一部は社会福祉施設などに贈呈されます。

拝志小学校の人権集会(「人権の花」運動)

名称未設定 2

ファミリー

人権参観日で保護者も集会に参加していました。この日は保護者の人たちと一緒に活動しました。まず、子どもたちが保護者と一緒にワークショップで人権について考えました。見た目も考え方も十人十色。人の数だけ考え方があることを学びました。

2人で花を渡す

人権擁護委員さんと花植える

人権の花の贈呈式。一人一人に人権擁護委員さんからパンジーの花をもらい、3人1組になってプランターに植えました。人権擁護委員さんや保護者の方に植え方を教わりながら一つ一つ丁寧に植えていきました。

人権のことを忘れないようにしたい

松尾さん

人権の花を植えた6年生の松尾百桜(ももか)さんは「みんなで協力して人権のことを忘れないように大切に育てたいと思いを込めて植えました。花が育ったときにいろんな人に喜んでもらえるように育てていきたい」と話しました。

人権の花を子どもたちが協力して育てることで、豊かな心が育っていくといいですね。子どもたちには、頑張って花を育ててほしいです。

それでは、また!







お礼にウメの写真をどうぞ!
愛媛県東温市の公式noteです。広報担当2人が執筆しています。