光芒を印象的に残したい!自治体広報の撮影備忘録【愛媛県東温市】
見出し画像

光芒を印象的に残したい!自治体広報の撮影備忘録【愛媛県東温市】

どうも!広報とうおん11月号も発行が終わって、ほっとしている広報担当小出です。みなさんぜひ手に取って読んでみてください。

▽画像タップで市HPへリンク▽

Twitterヘッダー

光芒とは?

画像2

印象的な風景写真でよく使われる「光の光線のやつ」です。

忘れないために、カメラの設定方法を書いておきます。カメラの設定って慣れないうちはよく忘れてしまいますよね〜。

カメラ設定はこちら

光芒を撮るときは、絞り優先モード(Avモード)で撮影しています。(東温市の広報カメラはCanonです)

撮影した写真の情報がこちら。

スクリーンショット 2021-10-29 12.50.36

<主なカメラ設定>
ISO感度 100
絞り値 F22
シャッタースピード 1/25
露出補正 -1

NDフィルターは使っていません。なぜなら、持ってないから。NDフィルターを使うと、レンズが取り込む光を調節する(下げる)ことができるので、より表現の幅が広がります。

川の流れを糸のように撮影するときは、よくNDフィルターを使います。持ってないですけど。

今回の撮影、木だけならシャッタースピードはもうちょっと早くなりますが、池にも光芒が映っていたので、少し遅くして撮影しました。

画像6

こちらは別の場所で撮影した光芒写真。

画像5

シャッタースピードは1/640で、後でレタッチしています。

ISO感度はオートでもOKという情報もありますので、色々試してみたいですね。

画像6

撮影場所:かすみの森公園の「だんだん池」

今回は備忘録として、光芒の撮影方法を書きました。秋の紅葉と一緒に、光芒も撮影して、より印象的な撮影を楽しみたいですね!

それでは素敵な東温市ライフをお楽しみください。広報担当小出でした!ではまた!

この記事が参加している募集

カメラのたのしみ方

この街がすき

お礼にサクラの写真をどうぞ!
愛媛県東温市の公式noteです。広報担当2人が執筆しています。