一足先の秋の風景。フォトコン投稿で一攫千金を狙いたい広報担当【写真旅】
見出し画像

一足先の秋の風景。フォトコン投稿で一攫千金を狙いたい広報担当【写真旅】

どうも!広報担当小出です。週末にイベントが開催され始めて、少しずつ日常が戻りつつあります。

今日は広報担当が市内をめぐって撮影した一足先の秋の風景をご紹介させてください。市内の7割が山間部の東温市。紅葉は11月に見頃を迎えそうです。

横河原の水天宮

画像1

水天宮は、天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)が祀られた、水と子供を守護する神社で、福岡県久留米市に総本宮があります。

神仏混在の時代には、仏教上の「水天」と神様としての水の神様は同じように考えられていました。

仏教上の「水天」は、もともとは古代イラン・インドの最高神ヴァルナであり、またゾロアスター教で言うアフラマズダであると解釈されています。

水難の神ということで、1602年に、加藤嘉明の命により、足立重信が伊予川・石手川の大改修にあたったとき、その成就祈願を行うために、久留米から水天を当神社に奉斎したことが始まりです。

この工事がきっかけで、足立重信を称えて、伊予川が「重信川」となったそうです。(観光物産協会HPより)

画像2

境内には銀杏の木がたくさんあって、秋には撮影スポットしても楽しめます。

画像3

落ちてた銀杏。まだまだ木についている葉っぱは緑色でした。

画像4

ガラガラするところ。

画像5

緑と黄色のグラデーション。



河之内 金毘羅寺

画像6

「金毘羅さん」として親しまれている松尾山金毘羅寺。

隣接の惣河内神社と併せて、市内最大規模の鎮守の森をもつ、森林浴が心地よい癒しスポットとなっています。

長寛年中の創立で称明寺と称されていましたが、慶長年間、加藤嘉明公によって「金毘羅寺」と改められました。

寺の本堂の前には嘉明公の手植えといわれる4本の杉がそびえ、その歴史を物語っています。

4本杉は、高さ39m、目通り3.7m・3.5m・3.3m・3.3mの4本で、市指定天然記念物。(観光物産協会HPより)

画像7

少しずつ色づき始めている紅葉。

画像8

赤くなっている葉もありました。

画像9

木漏れ日。

画像10

東温市河之内にある金毘羅寺は、隣接して惣河内神社(そうこうち神社)があります。神社と寺が同じ場所にあるの珍しいです。

画像11


田舎の風景。

画像12



上村 かすみの森公園

こちらは少し立ち寄った公園です。キャンプやレジャーに大人気の公園。最近親水池ができて、ますます賑わいそうな場所。

画像13


風がなかったので、水面に映る写真が撮れました。見てほしい。


画像14


フォトコンテスト開催中です

スマホが普及したり、SNSに写真投稿するのが日常になった時代。フォトコンテストで商品ゲットを夢見たいものです。

___________________

▼愛媛県が主催のコンテスト▼

募集テーマ 「令和のNew!中予!」~写真でつなぐ中予の魅力~
・新しい観光資源・地域資源の発見
・既存の観光資源・地域資源の新たな魅力(視点、楽しみ方)の発見

募集期間 令和3年7月1日(木)から12月31日(金)まで

撮影場所 愛媛県中予地域(松山市、伊予市、東温市、久万高原町、松前町及び砥部町)

被写体  愛媛県中予地域の観光資源・地域資源になり得る風景、建築物・建造物、一次産品、製品、催事、生活及び人物等

撮影日 :令和元年5月1日以降に撮影

撮影者 :応募者本人が撮影し、著作権を有していること

応募方法 中予地方局商工観光課インスタグラム(@chuyonavi)をフォロー、応募用ハッシュタグ「#chuyonavi2021」と撮影場所・撮影日をコメントにつけて投稿


___________________


▼東温市の学生団体が主催のコンテスト▼

スクリーンショット 2021-10-27 18.04.06

応募方法
1 主催者 NEXTOON’sの公式アカウントをフォロー!
2 ハッシュタグ「#とうおんフォトコン2021」とメンション「@nextoons」をつけて投稿/ツイート!


___________________


みなさん是非是非コンテストにご応募くださいませ〜。

広報担当小出でした!ではまた!

一攫千金狙いたいですが、フォトコンPRのためなので応募はしないです。悪しからずご了承ください。

この記事が参加している募集

この街がすき

紅葉前線レポート

お礼にコスモス写真をどうぞ!
愛媛県東温市の公式noteです。広報担当2人が執筆しています。