赤ちゃんたち、どこにいるの〜。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

赤ちゃんたち、どこにいるの〜。

こんばんは、広報担当ひかるです。

いろんな施設が休館し始めて、2週間が経とうとしています。もう、セミの大合唱もおさまってきて、稲穂が垂れてきて、秋が近づいているかなと思う今日この頃。

夏は、こども館のいろんなイベントにお邪魔させてもらってたくさんの子どもたちとふれあってきたのですが、

今赤ちゃんたちは何をしているのー!?

そう思い、総合保健福祉センターあおぞらルームにやってきました。

元気いっぱいの赤ちゃんたち

たくさんの笑顔を見せてくれました。いつでも元気いっぱいです。

3ヶ月もしないうちに、もうそんなに大きくなったのか、、。と思って衝撃を受けながシャッターを切りまくりました。

総合保健福祉センターは感染対策しながら開館中です

現在、総合保健福祉センターは午前の部9:00〜11:00午後の部14:00〜16:00の2部制で開館しています。それぞれ12組まで1組2時間以内の利用制限をして運営しています。

運営中には、現在の利用者数がすぐにわかるようにボードでも記載されています!そして、あおぞらルームで遊ぶ前には、アルコール検温体調管理の用紙への記入を済ませてから入室します。

そして赤ちゃんたちが帰って、11:00になると、保健センターのスタッフさんたちが一斉に消毒を始めます。

おもちゃはもちろん、も、マットも、ベッド全て消毒します。スタッフの方絶賛のこの噴霧器、大活躍です。 2部制なので1日にこの作業を2回します


スタッフの方からは「コロナ前までもやっていたけれど、今はより丁寧にやっています。コロナ禍の中、お母さんや子どもたちの大切な居場所だから守っていきたい」という声も聞かれましました。

普段から思ってましたが、スタッフさんたちの努力ってやっぱりすごいです。頭上がらないです。


そして、いつも元気いっぱいな赤ちゃんたちに逆に元気もらいました。ありがとうございます!

それでは、また!

お礼にコスモス写真をどうぞ!
愛媛県東温市の公式noteです。広報担当2人が執筆しています。