砥部焼×どぶろくセットに思うこと
見出し画像

砥部焼×どぶろくセットに思うこと

どうも。広報担当の小出です〜。愛媛県にはいくつも伝統工芸品があります。その一つが東温市のお隣の町「砥部町」の砥部焼。

今回、砥部焼と東温市に蔵元のある「どぶろく」のコラボ商品が出来上がりました。それがこちら。

画像1

どぶろくと砥部焼のぐい飲みセットです。

画像2

東温市には2箇所蔵元があります。「ながい」と「由紀っ娘物語」。

IMG_7746のコピー

左が砥部町長、右が東温市長です。

商品のオンラインショップも一応貼っておきます。

コラボ商品で思うこと

さて、こういったコラボ商品は正直いくつもあるんですね。それに砥部焼もどぶろくも単体で販売している商品。だからわざわざセット商品を買うためには何か理由が必要ではないかと思うんです。(あくまで個人の見解です。)

今回のコラボ商品の価格は5,500円。どぶろく単品が1,600円で販売されているので、残り3,900円が砥部焼2つと箱代なんですね。

砥部焼には市町の花「梅(砥部町)」と「さくら(東温市)」が描かれいる特別品ということもありますが、人気の砥部焼なので、セット商品は適正価格だと思っています

となると考えないといけないのは、この商品の価値をどうやって届けるかです。

贈り物としての商品価値?
商品を作ってきた作家さんのストーリー?
ふるさと納税?
商品を買ったら何かしらの体験付き?

ん〜。なんかちょっと違う気がしています。少し前ならアリな手法だったかもしれませんが。

色々考えていると、ふと気になった言葉があります。


「買い物は投票」


これは、消費者教育(小出の業務の一つ)でよく使う言葉です。小中学生への出前講座で金銭管理授業をやっていると頻出ワード。

買い物っていうのは、自分が「これがいいな」と思ったものをお金を使って買う行為。それに使ったお金が販売者の利益になって、生活の資金になる。つまり「この商品がいい」という1票を投じるということなんですね。

じゃあこのコラボ商品が、買う人にとっての価値=生き残って欲しいと思ってもらうためには、どういった情報を届ければいいのか。

そこで考察したのが「この商品を買ったら、そのお金はどう使われるか?を届ける」ことです。(あくまで考察なので東温市でこうする!と決まったわけではありません。悪しからずご了承ください。)

例えばこのコラボ商品を買えば、東温市の蔵元はスポーツ選手の体調管理に良い「甘酒」を作る経費が生まれて、地元スポーツチームの育成世代の貢献につながる、とか?

クラウドファンディングでも同じようなことが行われているんじゃないでしょうか。

オンラインショップでどこでも似たような商品が買える時代。商品を届けるために色々考えるのが楽しくなってしまいました。

取り止めもない話をしてしまいましたが、皆様明日も素敵な東温市ライフをお楽しみください!広報担当小出でした。ではまた!

さくらの砥部焼かわいい。

画像4


この記事が参加している募集

この街がすき

お礼にミドリな写真をどうぞ!
愛媛県東温市の公式noteです。広報担当2人が執筆しています。