東温スピードジュニアを取材!ルール改正にアジャストできるか【タグラグビー】
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

東温スピードジュニアを取材!ルール改正にアジャストできるか【タグラグビー】

筋肉痛で地獄の2日間でしたが、驚きばかり取材時間でした。どうも、広報担当小出です。

東温スピードジュニア

画像1

2年前にも全国大会へ出場した小学生タグラグビーチーム!現在12人で活動しています。川上小学校や西谷小学校の子達がいるので、混合チームです。

中学校で一緒になるので、他の学校のこと知り合いになれるのもスポーツ少年団のいいところですね。(東温市の中学校は2校)

てかタグラグビーってなに?ラグビーとどう違うの?

そんな疑問に、グーグル先生で教え込まれたラグビー素人の小出が簡単にご紹介します!

紹介:タグラグビーとは?

だ円形のボールを持って走り、味方にボールをパス!
ラグビーのようなキックはありません。

腰に付けた2本のひらひらしたタグをお互いに取ったり取られたりしながら
ボールを持ってコートを自由自在に駆け回り、相手ゴールを目指す小学生が出場するスポーツなんです!

画像2

腰につけているのがタグですね!左右に1本づつつけています。

攻めてくる相手を止める時は、相手のタグを取ります。ボールを直接奪い取るのはブブーッ! なのでタックルはありません。


咄嗟の判断力と左右の瞬発力や駆け引きが求められる!!

、、というと難しそうですが、小さな子でも楽しめるスポーツです!

画像3

「ねぇねぇ何してんの?写真撮ってんの?」

あ〜めっちゃ可愛い。。

連れて帰りたいわ〜とつぶやくと、お母様からは即「どうぞ!」
育児お疲れ様です!(笑)

スピードジュニアの練習どう?

画像4

皆さんとても楽しそう。でもボールのスピードは速っ!クイックネス速っ!2月の全国大会を目指して練習にも熱が入ります。

昔は厳しい練習もあったそうですが、今は楽しいみたいです。6年生に聞いたので、多分皆さんが成長したからじゃないかな??^^

画像8

保護者さんも練習をみたり、お話ししたり。いい意味でのんびりできている印象でした!

気になった方は体験を

タグラグビーって体験してみないと分かりません。野球やサッカー、バスケとかはなんとなくイメージできますが。なので、何事もまずは体験から!

チーム情報はInstagramでチェックしてみてください!
練習日と場所がプロフに書かれてますよ〜。

<練習日>
木曜 18:30-19:30 ツインドーム重信
日曜 18:30-20:00 川内中学校体育館

コロナ禍で活動休止期間もあり、12月から始まる大会に向けて、戦術的にも未知数なところが多いそう。なぜなら、11月から公式ルールが改定されたそうです。

まず5人制から4人制への変更。これって結構大きい。攻め方、守り方が全然違ってくる。これまでの戦術を変える必要があります。

次にコートの大きさ。これまで横30m×縦40mだったのが、横14m×縦20mになるそうです。ほぼ半分。

そして試合時間も変更が。これまで前半7分、ハーフタイム1分、後半7分だったのが、前半5分、ハーフタイム1分、後半5分と短くなりました。

小さくなったコートで、短い時間ので、よりスピーディーな試合展開になりそうです。子供達の体力なども考えての変更なのでしょうか!

画像5

画像6

チームの指揮を取る2人のコーチ陣も、新しい挑戦!頑張ってください!

今日は全国大会を目指す小学生タグラグビーチーム東温スピードジュニアを取材しました!ではまた!

画像7

かわい〜!

お礼にミドリな写真をどうぞ!
愛媛県東温市の公式noteです。広報担当2人が執筆しています。