新人市役所職員さんのメモの中身【地方自治体】
見出し画像

新人市役所職員さんのメモの中身【地方自治体】

新しい職場、新しい仕事を始めると覚えることが沢山。
4月は桜と一緒に、新人の皆さんがとりあえずメモるって光景が季節感を演出してくれます。

隣の席に新人で配属された、広報担当ひかるさんのメモを見せてもらったので一部公開します。どうも広報担当小出です。

<補足情報>
広報担当が働く総務課は、市役所の代表電話業務も行っています。この代表電話、市役所業務全ての第一報がかかってきます。市役所業務じゃないものもかかってきます。生活に一番近い行政機関なので、「新人さんは大変だなぁ」と見守る姿勢を忘れない小出。見守るだけじゃなくて教えんかい。

画像1

ケース1:浄化槽の補助

自宅のトイレやお風呂で使った水を流す時は、家の地下で汚れを取り除いてから流します。取り除くための装置が浄化槽です。

スクリーンショット 2021-11-20 10.37.11

(環境省HPより引用)

ちなみに下水道がある地域は下水道に繋ぎます。該当の地域に下水道が完成しているかどうか確認するとき、「あそこ下水道きてる?」って表現しています。

東温市では環境保全課という部署が取り扱っています。なぜピンクマーカーしておるのか。。

その下の臨時トイレの汲み取りも環境保全って書いてますが、いろんなケースがあるので、まずは専門部署につなぎます。感謝を込めて。


ケース2:マイナポイント

総務省が行うマイナンバーカード普及の取り組みの一つ。5,000円分のポイントがキャッシュレスサービスを介してもらえるというやつです。(新しい経済対策でポイントが付与されるかもと報道されていますが、まだ詳細は決まっていませんので、今後動向をチェックしてみてください。)

こちらは企画政策課という部署が担当しています。

愛媛県職員で出向している飯田さんが15秒チャレンジで紹介してくれた動画。また撮りたいな。


ケース3:出生届、死亡届

画像4

住民票と同じく、一番身近な届出ジャないかと勝手に思っているものです。市役所職員のイメージ第1位に輝く業務(小出調べ)。

戸籍は個人の身分関係を証明するだ〜〜いじなものです。例えば出生、婚姻、死亡、親族関係など。

この戸籍のある場所を「本籍地」と呼びます。

「戸籍謄本を添付してください」とかよくいわれるもの。戸籍謄本は本籍地の市区町村でしかとれませんが、戸籍に関する届出は住所地などでもできるので、出生届とかを出すことができるそうです。ほ〜。

こちらは市民課で受け付けています。

まとめ

他にも何やら気になるメモが書かれていますが、「多分咄嗟に焦ってメモしたものだろう」と推測しています。(正しい記載じゃないものもあるかもしれませんので、ご容赦ください。)

新人職員さんのメモって「生活で知りたいこと結構載っているなぁ」と参考になりました。「公務員志望だけどどんな業務内容なの?」ってニーズも解決してくれるかも。

またメモがたまったら、書きたいと思います!ではまた!

画像3

「これ4月に書いたやつですけど・・。」

この記事が参加している募集

私の仕事

お礼にサクラの写真をどうぞ!
愛媛県東温市の公式noteです。広報担当2人が執筆しています。