マガジンのカバー画像

インタビュー記事まとめ

25
広報紙でインタビューした記事のまとめです
運営しているクリエイター

#スポーツ

時速300kmでスマッシュ打つ君。写真撮る広報。

どうも!広報担当小出です。 東温市の自治体広報誌「広報とうおん」では 毎月キラリ〜と輝く功績を収めた皆さんを取材して インタビュー記事を掲載しています。 スマッシュ速すぎて撮れないよ 1月号で取材したのは、野中翔斗さん。 去年行われた県新人戦のバドミントン競技で優勝しました! ベストショットを撮りたくて 「スマッシュ打ってるところを、上から撮るから打って〜」とお願い。 「いいですよ〜」 パイプ椅子に登り、、パシャ! 「・・・・。」 「ごめんもう一回!」 パ

スキ
8

【インターハイ最有力!?】注目の円盤投げ競技者花山晴香さんを取材【松山北高校】

どうも。高校時代、校舎の窓から見えるカップルに「常夏だねぇ〜!」と叫んだ友達の隣にいた広報担当小出です。(だから何だ?) 「この代の重信中学校陸上部は黄金期だったのよ。あら奥様、今日もダージリンティーが美味しいわね。」 と、保護者さん界隈で話題だった陸上部の花山晴香さんを取材してきました!(こんな保護者さんはいません。) ところで皆さん、円盤投げ競技を知っていますか? ダイナミックなフォームから1kgの円盤を放つ円盤投げ競技。 実は、脚力と繊細な指先の感覚が必要なんです

スキ
8

始めて6ヶ月の三段跳びで大人7人分飛び越えてみた

どうも!広報担当小出です。Youtubeの釣りタイトルみたいですが本当の話。今日は重信中学校3年生の三段跳び競技者、林泰輝さんをご紹介します! 突如現れた超新星 林泰輝さんが三段跳を始めたのは今年の春。中学から陸上部に入部した林さんは、元々ハードル走競技者でした。 小学生時代はハンドボールチームに所属。跳躍力、タイミング、空中でのバランス感覚はそこで養われたんでしょうね〜。 確かにハンドボールの、あのステップって三段跳びに似てるかも? ◇ 三段跳び転向のきっかけは

スキ
6

28年ぶりの全国大会|重信中学校剣道部を取材したらカッコいい広報できた

どうも!実は中学校のとき剣道部だった広報担当小出です。 おめでとうございます!重信中学校が28年ぶりに愛媛県中学総体を制覇し、8月20日に開催された全国大会に出場しました〜!パチパチ〜! 市役所前と中学校には垂幕が出現!団体戦女子が県優勝したんですね〜! ちなみに男子ソフトボール部も全国大会出場!ソフト部は10月号で取り上げる予定です!(待っててね!) 取材のとき「ディズニー行きたかったのにダメになりました〜」と、中学生らしいあどけなさが残る5人でしたが、よく考えてみ

スキ
13

【ボート競技U-19日本代表候補】自信の裏には絶え間ない努力

ボート競技においては決して恵まれた環境にない松山東高校。 それでも岡山凜之さんはボート競技をするために松山東高校への入学を決めた。 「アウトドアが好きで、水上でのレースが自分の感覚に合っている」 初めから日本一になる“目標”と 「いける」という“根拠のない自信”を持っていたという。 競技中の岡山さん(写真:本人提供) 平日は学校でウェイトや体幹トレーニングをこなし、乗艇できるのは土日だけ。エルゴと呼ばれる漕力を養う器具から出る風切音が、トレーニングの過酷さを物語ってい

スキ
10

【県リーグ制覇】フットサルチーム“東温K-Luz”の優秀選手に総合型地域スポーツクラブ設立の展望を聞いた

どうも。つった足を伸ばそうとしたら腕までつって悶絶した広報担当小出です。夜のストレッチはマストですね〜。 広報とうおんでは毎月「輝く人」をテーマに、その人の生い立ちや将来を聞く「キラリ東温この人なう」コーナーを掲載しています。 2021年6月号では、東温市のフットサルチーム「東温K-Luz(ケールース)」に所属する藤岡慶太さんを取材しました。 同チームは2020年愛媛県フットサルリーグを制覇した強豪チーム。藤岡さんは同年県サッカー協会が選ぶ優秀選手(フットサルの部)に選

スキ
15

悔しさをバネに全国を目指す。取材した2人のアタッカーの跳躍力が鬼だった

「チームメイトであり、ライバル。絶対に負けたくない存在です」 小学生バレーボールチーム、東温MAXで活動する松村航幸さん(写真左)と本園智哉さん(写真右)が互いの存在を語る。(取材日:3月15日) 松村さんは日本バレーボール協会エリートアカデミー認定選手(全国で30人)、本園さんは愛媛県バレーボール協会優秀選手にそれぞれ選出された。 170cmの恵まれた体格を持つ松村さんは「お父さんがバレーボールをやっていたのがきっかけで始めました。リベロやブロッカーなど長所を活かして

スキ
18