インタビュー記事まとめ

20
+6

始めて6ヶ月の三段跳びで大人7人分飛び越えてみた

どうも!広報担当小出です。Youtubeの釣りタイトルみたいですが本当の話。今日は重信中学校3年生の三段跳び競技者、林泰輝さんをご紹介します! 突如現れた超新星 林泰輝さんが三段跳を始めたのは今年の春。中学から陸上部に入部した林さんは、元々ハードル走競技者でした。 小学生時代はハンドボールチームに所属。跳躍力、タイミング、空中でのバランス感覚はそこで養われたんでしょうね〜。 確かにハンドボールの、あのステップって三段跳びに似てるかも? ◇ 三段跳び転向のきっかけは

スキ
5

上林小学校に通う優しい少年の夢は海外。【ミライのスター】

どうも。小学生のときは「友達がゲームしているのを横で見る」という遊びに夢中だった広報担当小出です。 毎月発行する広報とうおんに新コーナー「ミライのスター」を作りました。 作った理由広報とうおんは、東温市にお住まいの方の顔が見える広報誌でありたいという思いから、できる限りお知らせじゃない紙面を目指しています。 なので、特集から始まり、紙面はほとんど東温市に住む人の顔。それは人こそ東温市であるからです。人がいないとまちに成りません。 かのアラバスタ王国のネフェルタリ・コブ

スキ
11

【広報とうおん7月号】元気のヒケツは自分の心と体を大切にすること

この記事は広報とうおん7月号を元に作成しています。 こんばんは、広報担当ひかるです。最近、「忙しい」という理由でなんでもかんでも自分のことがおざなりになっているような気がします。 もう少し自分を大切にしなきゃな、と思う毎日です。 以前の取材で自分を大切にするヒントを学びました。 お話を聞いたのは井門 紀美子さん。田窪集会所で開催された脳トレ大学でお会いしました。その時の記事はこちらです👇 脳トレ大学での牛乳パックを重ねていく活動で、真剣な表情をしています。 そして

スキ
13

【ぶどう園tubu】東温市にあるぶどう直売所のぶどう愛がすごすぎた【LOVE GRAPE】

どうも。甘党・フルーツ好きにキャラ変しようとしている広報担当小出です! ぶどう直売所「ぶどう園tubu」 愛媛県東温市の土地は平野部3割、山間部7割です。平野部と山間部は近く、高低差による寒暖の差で、棚田の地域では良質なお米が取れることで有名です。 そんな東温市で新しくぶどう園を始められた仙波さん。「ぶどう園tubu(つぶ)」の屋号で令和3年8月10日から直売所をオープンします。あ、昨年も直売所されてたので、正確には今年の直売所が開始って意味です! かわいいロゴはなん

スキ
16
+3

28年ぶりの全国大会|重信中学校剣道部を取材したらカッコいい広報できた

どうも!実は中学校のとき剣道部だった広報担当小出です。 おめでとうございます!重信中学校が28年ぶりに愛媛県中学総体を制覇し、8月20日に開催された全国大会に出場しました〜!パチパチ〜! 市役所前と中学校には垂幕が出現!団体戦女子が県優勝したんですね〜! ちなみに男子ソフトボール部も全国大会出場!ソフト部は10月号で取り上げる予定です!(待っててね!) 取材のとき「ディズニー行きたかったのにダメになりました〜」と、中学生らしいあどけなさが残る5人でしたが、よく考えてみ

スキ
11
+6

健康なカラダは自分自身で。ピラティスインストラクターが創り出すママに優しい空間

最初に森山さんを知ったのはインスタグラムからでした。 市内のスポーツ施設「ツインドーム重信」の一室を利用したピラティスレッスンの開催案内。「面白いことする人いるな〜」という感じで、いつか取材したいと思っていました。 初めてのDMは去年の12月。広報で健康マラソンの記事を書くにあたり、インタビューをさせてもらいたくて連絡。 ときはすぎ、今年の広報とうおん11月号。 若い世代で、自分の持っている能力やスキルを目に見えるモノとして形にすることを仕事にする人たちを取材する「CR

スキ
7
+4

新しい安産のおまじない。ベリーペイントが幸せ空間だった

どうも。広報担当コイデです。noteやSNSでまちが好きになるコンテンツを配信しています。 職人技の一発書き妊婦さんのお腹に絵を描くベリーペイント。ボディペイントの一つで、安産祈願と赤ちゃんの健やかな成長を願ったご家族の記念として行われます。 広報とうおん10月号では、横河原駅前のおかだ写真舘さんのスタジオで行われたベリーペイントを取材させてもらいました。 ペイントするのは、県内初の日本ベリーペイント協会認定ペインター、中村仁美さん。 「ペイントに来るまでもいろいろな

スキ
12
+5

interview:野中祐生さん(木工ノニネ)「生活に彩を添える」

この記事は広報とうおん2021年9月号にも掲載しています。WEBでも読めますが、ぜひ紙面でご覧ください! 「販売店の仕事に就いて、そこから家具に興味を持ち始めました。普段使う家具だからこそ、生活に華やかさを添えるものでありたいですよね」 スーツを着る仕事は自分には合わないと感じ、一念発起して家具製作の仕事を目指した野中祐生(ゆうき)さん。 専門学校で学んだ経験のない野中さんが訪れたのは、家具の本場、岐阜県北部に位置する飛騨高山。匠の技が今も息づく地で木材や塗装など家具に

スキ
5

スランプを救ったのは○○○○の仕事?東温市在住の児童文学作家を取材しました

どうも!本を読まない人間は猿だと言われて読み始めたけど「あなたが思ってるほど本読んでも文章力はつかないよ」と言われ途方に暮れている広報担当小出です! #どないすりゃええねん サムネにご登場いただいたのは、「佐和みずえ」のペンネームで活動する芝壽美(すみ)さん。大分市在住の妹(しかも双子だとか!)さんと、25歳から共同で作家活動を続けています。 「小学生の頃から空想が大好きでした。妹と交互に物語を書き続けていました。一方が書いた物語の続きをもう一方が書いていくんです。ネバー

スキ
11
+5

【祝甲子園】愛媛県代表新田高校の2年生遊撃手、山内欣也選手をインタビュー!

どうも!強豪校の練習を間近で拝見し、背筋の伸びている広報担当小出です!東温市出身の山内欣也選手をインタビューしました! 祝甲子園!新田高校愛媛県の新田高校は、数々の分野で県内トップレベルの成績をおさめる強豪校。スポーツ部だけではなく、吹奏楽部など文化部でも高いレベルで活動されています。 高校時代の私なら弾き出される学校ですが、仕事なので入れました!笑 新田高校は第103回全国高校野球選手権大会愛媛県大会を制し、夏の甲子園に初出場します。【速報】本日行われたオンライン抽選

スキ
12