マガジンのカバー画像

インタビュー記事まとめ

25
広報紙でインタビューした記事のまとめです
運営しているクリエイター

#毎日note

【広報とうおん7月号】元気のヒケツは自分の心と体を大切にすること

この記事は広報とうおん7月号を元に作成しています。 こんばんは、広報担当ひかるです。最近、「忙しい」という理由でなんでもかんでも自分のことがおざなりになっているような気がします。 もう少し自分を大切にしなきゃな、と思う毎日です。 以前の取材で自分を大切にするヒントを学びました。 お話を聞いたのは井門 紀美子さん。田窪集会所で開催された脳トレ大学でお会いしました。その時の記事はこちらです👇 脳トレ大学での牛乳パックを重ねていく活動で、真剣な表情をしています。 そして

スキ
13

第22回四国高等学校新人陸上競技選手権大会 女子5,000m競歩優勝

この記事は広報とうおん2021年3月号「きらり東温この人なう」で紹介した内容を元に作成しています。 vol.75:競歩競技者 小林 琉奈 さん( こばやし るな )  「長距離を走るのが好きで、高校では本格的に陸上を始めたいと思っていました」と陸上部に入ったきっかけを話す琉奈さん。高校まで陸上競技の経験はなかったそうです。 競技との出会いは、「競歩をしている先輩がいたのと、体の動きが競歩に向いていると顧問の越智先生に勧められたからです」と笑顔を見せます。 競歩は歩形(

スキ
9

皆で背負うもの【第66回青少年読書感想文全国コンクール入選作品】

この記事は広報とうおん2021年4月号「きらり東温この人なう」で紹介した内容を元に作成しています。 vol.76 : 田房 聖菜 さん( たふさ せいな ) (『天使のにもつ』 いとうみく作/童心社) 「私が書いた感想文が誰かの心に響いたのかなと思うとすごく嬉しい」 入選の喜びを話す聖菜さんは重信中学校3年生(取材日:3月12日)。 恩師の新田和子先生は「論理的思考力が高く、読み手を意識した文章が書ける。言葉の裏に込めた想いの強さが教員にも仲間にも伝わっています」と信

スキ
11