マガジンのカバー画像

広報ハウツーまとめ

38
東温市の広報で取り組むデザインやマーケティングについてまとめています。
運営しているクリエイター

#広報

【月曜から育休】4年間の広報業務を振り返る

どうも!第2子の出生を機に2022年2月28日から育児休暇を取得する広報担当小出です。こうやって公式noteで育児休暇取得をご報告できるのも広報としての特権だな〜と思いながらPCをカタカタしています。 進んでた上司の理解私が勤務する愛媛県東温市役所。これまで男の人で一番長く育児休暇をとったのは1週間だそうです。 妻の安定期に入り、妊娠7ヶ月目くらいの時、上司に「育休取ります〜」と相談。 上司「へ〜。何日くらい?」 小出「一年くらいすかね〜。」 上司「えっ!?・・へ〜。い

スキ
29

【自治体広報】note1年間毎日投稿したらSNSも1,000人以上フォロワー増えました

どうも!広報担当小出です。東温市noteが1周年を迎えました〜(パチパチ)。気付けば1年間毎日投稿してた。 目指すは広報紙のWEBマガジン読むのは漫画ばかり。本は人生で3冊しか読んだことない小出ですが、昨年2月22日に東温市公式noteがスタート。 noteを始めた理由は広報紙のWEBマガジン化です。「広報紙がGoogleで全然ヒットしていない」「折角取材させてくれたのに発信媒体が紙だけ」って課題のクリアを目指しました。 毎日発信する自治体公式note悩んだのが「どのツ

スキ
49

【コンクール受賞】広報とうおん制作の裏話を思い出して懐かしみ

お手元にとどく自治体広報紙にも実は「コンクール」があって、各都道府県で特選をとったら全国コンクールに推薦されます。部活みたいですね。 そしてそして、「広報とうおん」が令和3年度の愛媛県広報コンクールでトリプル受賞をいただきました。いえーい!! 取材させていただいた皆様ありがとうございました! どうも広報担当小出です! 結果はこんな感じ 広報紙(市部)…入選(6月号) 一枚写真…特選(10月号) 組み写真…入選(2月号) 発行した毎月号、全部思い出。喋り出したら午前中

スキ
16

インスタグラムストーリーで飛び出すラインを引く方法【自治体広報】

どうも!東温市広報担当小出です。 今日はインスタグラムのストーリーでビュッと飛び出すラインの引き方をお伝えします。 標準機能でできるので、ぜひ皆さん真似してみてください〜。 完成はこんな感じ上の画像をタップするとインスタグラムのストーリーハイライトに飛びます。外側のピンクのラインが実は動いています。 こんな感じですね。4隅からビュッと飛び出るように作りました。どうやって作ってるの?とご質問いただいたので、紹介します。 「.」と「.」の間にめっちゃスペースやり方は超簡単

スキ
14

東温市にある滝をいい感じにレタッチしてみました【白糸の滝編】

どうも。絶賛筋肉痛の広報担当小出です。東温市は山間部が面積の約7割を占めているので「滝」が多いです!そこで今回は上林地区という場所にある「白糸の滝(しらいとのたき)」を撮影してきたので、レタッチを公開しておきたいと思います。 なぜこの記事を書くのか?実は私、「noteは最高の引継書」という勝手なフレーズを考えています。自治体職員に必ず訪れる「人事異動」。noteを見て少しでも後任者の時短になればと思っています。 それでは出来上がりからどうぞ。 滝のレタッチ F値 5.

スキ
17

本を読んでも文章力つきませんよって言われた広報担当よれよれの日曜日

図書室、図書館、読書の時間。そんな類と縁のない人生を歩んできた広報担当小出です。 実は金曜日、 「読書しても文章力つきませんよ」 と衝撃の一言が私の耳に入ってきました。 「えー。そんなことないよー。」 とその場はやりすごしましたが、 思い返すととんでもない事です。 なんのために本読んできたのか…。 ゴミ捨てに来たのに、今日はプラゴミの日じゃなかったみたいな感じの1,000倍くらいの虚無感です。(分かりにくい) 思えば一年前…。 ■本を読まない人間は猿だ そ

スキ
23

【自治体広報】noteをなぜ始められたか?上司への説明編

どうも!愛媛県東温市の広報小出です!同県の市職員さんから「noteを始めたとき上司にどう説明しましたか?」ってご質問いただいたので忘れないように綴っておきます。 昨日の昼御飯も忘れる私。〇〇市役所のMさん、ありがとうございます。 ■広報に載せきれない情報をお届けしたい 私たちの仕事は自治体情報紙「広報とうおん」を作ること。 毎月1回出るフリーペーパーで、掲載されるのは毎月の特集や催し物のフォトライブラリ、子育てイベントカレンダーや講座、教室、相談事業の日程などハバヒロ。

スキ
24

思っているほど広報はできてないと自覚しないといけない【自治体note】

どうも!愛媛県東温市の広報担当小出です。私の反省文をクリックしていただいてありがとうございます。 小出「滑川渓谷ってところが秋のスポットです!」 Aさん「わかりません!行ったことないですね!」 そんな会話から始まった滑川渓谷案内。 滑川渓谷とは……長い年月をかけて侵食された岩の奇怪な岩肌や、全長1kmのナメラと呼ばれる美しい川床、流水が川床にある小さなくぼみで渦を巻き小石が内側を削ってできた甌穴(おうけつ)など、自然が創り出した芸術の世界を堪能できます。秋の紅葉、真夏の

スキ
20

実は力込めてる!広報紙の後半ページ「情報ボックス」の制作ウラガワ

どうも!愛媛県東温市の広報担当コイデです。広報紙を作成したり、WEBで東温市の情報を発信しています。 毎月発行のまちの情報マガジン「広報とうおん」。先日10月号が発行されました。手にとっていただけたら幸いです! 後半ページにある「情報BOX」というページディスイズお知らせ。お知らせとはこのことだと言わんばかりのページ。ですが、実はこちらのページも力込めて作らせてもらってるので、書かせてください。 サムネにもあるとおり、毎月色々な情報が掲載されるページです。外部からの掲載

スキ
10

広報って何日までに言えば情報載せてくれるの?って質問いただいたので答えます

どうも!二酸化炭素を入れたグラスに火を入れる科学実験で、二酸化炭素に火を消す作用があるんだと思ってた広報担当小出です。あれって、グラスの中の酸素が追い出されることで火が消えてるんですね。 と、小学校の科学実験の取材はまた後日書くとして、今日は「広報に載せてほしかったら、いつまでに言えばいいの?」ってよく聞かれるので、広報がどんな風に作られているかをちらっと含めて「この日くらいがベストです」って日をご紹介させてください。 サムネは発送を待つ広報とうおん10月号の山たち。今月

スキ
12

「取材して」と言われて、だんじりの上に乗るほどに喜んでいます

どうも!愛媛県東温市の広報担当小出です。「惹きつけるタイトル理論」を完全に無視して、サムネもコスモスです!うぇ〜い。 まぁまぁ嬉しいことがあったのでそのまま書きました。 というのも毎月発行している「広報とうおん」という自治体広報誌。 8月号で消防団の皆さんを取材したんですが、 「女性消防団員の皆さんがやる気になった」 「ぜひ次は女性消防団員にフォーカスして取材してほしい」 なんて声が上がったそうです! これって広報担当としてはものす〜〜ごく嬉しいことなんです。 文

スキ
17

【200フォロワーに感謝】これまでのnote記事をダッシュボードで振り返って気づいた事

どうも!19時更新厳守を早速破った広報担当小出です。同じく広報担当のひかるさんごめん!明日の朝「あ、全然です〜!」って言ってくれること期待。 200フォロワーありがとうございます!本を読まない人間は猿だと言われてから約1年。頑張って本を読み、毎日note更新続けて5ヶ月くらいでしょうか!拙い文章をいつもご覧いただいている皆様に感謝して、正拳突き又はジャスティスしようか考えています。 ダッシュボードどんな感じ?2021年2月22日から始まった東温市note。現在のダッシュボ

スキ
9

スマホとペットボトルで紫陽花の動画を撮ってみました

どうも。最近「note更新毎日19時ルール」を完全に無視していた広報担当小出です。今日から忘れません。多分! 先日公開したInstagramリールの紫陽花動画。「どうやって撮ったの?」と市民の方から嬉しい質問をいただいたので、記録しておきます! 東温市の山間部で紫陽花が綺麗に咲いた6月。余談ですが、変色した紫陽花も「ヴィンテージ感」が出てかっこいいと思うのは僕だけでしょうか? (上の写真タップで東温市のInstagramのリールに飛びます。) まずは準備からです!

スキ
11

公式LINEが始まって3ヶ月。HPへの流入実績を公開してみます【自治体広報】

どうも。「家族が笑って過ごせますように」と短冊に書いたら「去年と同じやね」と息子と妻に笑われた広報担当小出です。 #普遍の願い #いい夫アピール さて東温市でも公式LINEが始まり、最近運用業務が広報担当に移管されたので4月からの実績を公開したいと思います。他の自治体の皆さんの参考になれば幸いです。 2020年4月〜2021年3月までの数値 Google analyticsで東温市HPへの流入を促す参照元SNSを分析しています。 FBとTwが2強。FBが1年間で約1

スキ
11